週刊ダイヤモンドとは

『週刊ダイヤモンド』はダイヤモンド社が発行する週刊の経済専門雑誌です。石山賢吉によって1913年(大正2年)5月10日に創刊され、今日まで毎週月曜日に発売を続けています。

週刊ダイヤモンドは毎号タイムリーなビジネス情報が満載なのが特徴です。独自の切り口による徹底した取材記事と豊富なデータ、見やすいビジュアルでビジネスパーソンが今もっとも知りたいニュースをわかりやすく分析・解説しているのが特徴です。

以下は主要なビジネス系雑誌の発行部数です。歴史が長い週刊ダイアモンドは、発行部数においても今日までトップを維持し続けており多くの人に信頼され支持を得続けているとわかります。

週刊ダイヤモンド ダイヤモンド社:129,583
DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー:20,900
週刊東洋経済 東洋経済新報社:92,500
THE21 PHP研究所:59,300

 

深い情報とわかりやすい内容

週刊ダイヤモンド」と聞くと、専門的で難解な情報誌と捕らえている方も多いようですが、各分野の企業ランキングは世の中を知るよいきっかけにもなり、実際面白く読むことができます。税金や相続の話は実用的で、さしあたって必要はなくても知識の蓄積を目的として読んでもタメになるというもの。ビジネスの流行を知り、今後の方向性を占う上でも目を通しておきたい内容が多く、多くの経営者・会社役員から高く評価されています。

グラフやチャートが充実していて、内容がわかりやすいのも紙面の特徴となっています。新聞では読めない裏意見や、独自取材で得たデータが多いので、ビジネスパーソンにとっても見逃せない情報源となり得ます。また、経済を勉強する学生の方や就職に向けて準備する学生の方にもオススメしたい雑誌なのです。

 

週刊ダイヤモンドを定期購読するメリット

週刊誌なので、個人で毎号購入するとなると、それなりにする購読料が気になるところ。毎月4冊、なかなかたいへんです。そこで、嬉しいのが定期購入という方法。「週刊ダイヤモンド」では、お得な定期購入のシステムがあり、年数を長く定期購読するほどお得になっています。

通常1冊690円ですので、毎回書店で購入すれば、1年間(50冊)で、34,500円。そこを定期購読なら、28%引きの25,000円、1冊あたりは500円になります。さらに2年、3年とお得な値段設定になっているんです。ちなみに3年購読なら1冊あたり380円というお買い得になり、これは断然お得です。

定期購読の1番のメリットは何といっても値段の安さなワケですが、その他にも、発売日までに送料無料で届くということ見逃せません。これなら、忙しくて買いそびれるという心配もありませんし、いちいち書店に足を運ぶ煩わしさがなくて便利です。書店によっては入荷数が少なく、売り切れということがままある雑誌ですので、これはありがたいですよね。どうせ毎回書店で購入するのがわかっているのなら、確実に手元に届く定期購読は、いいかもしれません。

 

ダイヤモンド・プレミアム

ダイヤモンド・プレミアムとは創刊100年の「週刊ダイヤモンド」を発行しているダイヤモンド社が提供していているダイヤモンドオンラインの有料版のサービスです。多角的にビジネスを学ぶことができるできるのサービスとなっています。

ダイヤモンドプレミアムは「週刊ダイヤモンド」の最新刊や過去7年間・約350冊のバックナンバーが読み放題となります。有料会員なら雑誌表紙を一覧で見ながら読みたいものを探したり、特定キーワードで記事を検索したりすることも出来るので、知りたい情報へ手軽にアクセスする事が可能です。

 

週刊ダイヤモンドの主な評判



毎号テーマを変えて掘り下げた特集が楽しみ
時間をかけて丁寧に取材していることがよく分かります

 

 


読むと旬な情報がたくさん手に入ります
大学生や就職活動中の方にもおすすめ

 

 


業界規模や、財閥、学閥、宗教に至るまで、ここまで掘り込まれた雑誌は少ない
毎週、旬な特集記事が載っているので、雑誌が届くのが待ち遠しい

 

 

週刊ダイヤモンドは、幅広い人たちをターゲットにしている書籍ですが、若い人からシニア層まで幅広い世代から高い評価を得ています。

 

週刊ダイヤモンドの主な競合雑誌(読者の併読誌)

  • エコノミスト
  • 週刊東洋経済
  • AERA
  • 日経ビジネスアソシエ
  • 日経ビジネス
 

まとめ

「週刊ダイヤモンド」は書店で最も売れているビジネス誌です。経済や金融・流通などビジネスに関することから、健康・資産・教育などのトレンドを、深く掘り下げ 事細かに伝える週刊誌です。専門分野の記者・スペシャリストが緻密な取材データに基づき、詳細に分析された記事を提供することで、幅広い読者から信頼を得ていて、2013年で創刊100年を迎えました。さまざまなビジネスの情報源として必須の雑誌と言えます。定期購読は最大45%オフになるので、継続して読む人におすすめです。