初売り フレーム
購入ボタン

タグから探すE8コの字型購入ぼたーん 健康障害 悪い影響購入ボータン

FlexiSpot昇降デスクのポイントまとめ!



安定性

基本的な事ですが、作業中にデスクが揺れずにいかに安定しているかが非常に重要となります。一般的に脚の構造が、二段階式より三段階式のほうが安定性が高くなり、三段階に繋がれた構造でデスクトップを支えているので、パワーとスピードの面でも有利となります。

 


昇降範囲

昇降デスクは様々な高さ調整範囲があります。座った状態でも立った状態でも、自分に合ったものを選ぶ必要があります。BIFMAは、58㎝~ 123㎝の最適な高さ範囲を推奨しています。背の低い人は高さ下限と座った時の高さに注目し、背の高い人は人間工学に基づいたフィット感を確保するために上限と立つ状態の高さに注目する必要があります。高さ調整範囲が大きいデスクを選択してください。

 


耐荷重

耐荷重はデスクにかけても良い最大の荷重を表します。耐荷重を超える荷重が加わると、商品が破損する恐れがあります。一般的には、50KG以上が必要となります。

 


昇降スピード

昇降スピードが速くなると、立ったり座ったりの状態変化に即座に対応可能です。デュアルモーターはシングルモーターと比べ、上下昇降駆動力が強く、昇降スピートが速くなります。

 


騒音

一般的に50デシベルを超える音を騒音と感じる方が多いと言われ、周囲に迷惑をかける可能性があります。FlexiSpotの昇降デスクのモーター駆動音はすべて50デシベル以下となります。


天板の奥行

デスクを選ぶ時に、奥行に注目する必要があります。モニターとユーザーの間の距離は、体の姿勢や作業の快適さに影響を与えます。天板の奥行が70cmであることが推奨されることが多いです。天板のサイズやワークスペースにツールを広げる方法を考慮する必要があります。


天板の素材

FlexiSpotの天板は無垢材、中密度繊維板(MDF)、強化ガラス、メラミン、金属、竹など、様々な素材が使用されています。その中でも無垢材、竹は他の素材よりも耐久性に優れ、環境にも優しい素材です。


機能

FlexiSpotの昇降デスクは型番によって、ロック機能、メモリ機能、障害物検知機能、USBポートなど様々な機能が付いております。

FlexiSpot(フレキシスポット)の良い口コミ

  • 作業効率が向上する
  • 動作時の音が静かで気にならない
  • 丈夫で耐久性もバッチリ
  • シンプルなデザインだから大人になっても使える
  • 狭い部屋にも置けるコンパクトサイズ
  • 配線を机下に隠せて見た目もすっきり

FlexiSpotの電動昇降スタンディングデスクで作業効率が向上!



在宅が増えて通勤もしていない運動不足な私はすぐに導入。
1ヶ月くらいすると慣れてきて、1日座らない日もあるくらい。特に打ち合わせの時などは立って話した方が話しやすいことがわかったので必ず立ってます。
1日中家の中にいる人にはぜひお勧めしたい!

適度に立って作業することで腰痛の軽減が期待でき、座りっぱなしの方の多くが悩む腰痛を軽減できるようです。

座りっぱなしで作業することで足がむくみやすくなりますが、座った状態から立つことで血流が良くなるので女性は特におすすめ!

立った際に軽くストレッチを行うことで運動不足の解消にも繋がります。

姿勢が良くなると集中力がアップするので、作業もかなり捗る可能性が高いですね!

FlexiSpotは昇降時の音が静かで気にならない



昇降時の音も、深夜に使用してもほぼ気にならない程度なので非常に静かです。

FlexiSpotを動かすと確かに少しの機械音は鳴ります。

しかし、騒音を数値化するレベルは50デシベル未満とかなり静かなようです

※50デシベルは人のささやき声程度の大きさ

静かな昇降でまったく不快にならないことがわかりますね!

FlexiSpotは丈夫で耐久性もバッチリ!

粉体塗装鋼管で構成した脚は丈夫で耐久性も十分!(全商品耐久テスト済)

ガッシリと重く丈夫なのでデスク全体が安定し、タイピングの度に揺れることも無いようです。

FlexiSpotの耐荷重は40kg〜50kgです(シングルモーターの場合)

デュアルモニターをお使いの方でも、問題なく設置できるのはありがたいですよね!

安く買うなら「ローエンドモデル」がおすすめ


1番安いシリーズのE1は、天板込み約3万円で購入可能!
性能も十分で、耐荷重は50kgでメモリ機能も付いています。
しかし、昇降範囲は73~121cmと180cm以上向けとなっているので、適性身長ではない方は座面を高くしたりフットレストを置いたりなどの工夫が必要です!

価格を抑えつつも性能を求める方は「エントリーモデル」がおすすめ

価格を抑えある程度の性能を求める方は、H1・EG1・EF1などのエントリーモデルがおすすめ!

3つのシリーズの性能は同じで、耐荷重70kg・対応天板は幅100~160cm奥行50~80cm・昇降範囲71~121cmです。

どれも適正身長が高めなので、足りない方は椅子などで調節しましょう。

電動式のEG1・EF1は脚のみで約3万円ほどで購入可能!

また、手動式のH1は公式ホームページから約1.5万円で購入できます。

機能性や使い心地を重視する方は「ハイエンドモデル」がおすすめ

FlexiSpotの最上位モデルのE7とE8は、脚のみでも約5~6万円もするハイエンドモデル!

性能は申し分なく、E7は耐荷重100kg・対応天板は幅120〜200cm奥行60〜80cm・昇降範囲は58〜123cmです。E8もほとんど同じ性能をしているそうです!

ハイエンドモデルの最大の特徴は、昇降範囲が広いことです。

適正身長は155~193cmまでと広範囲をカバーしています。

また、デュアルモーターで静かに素早く昇降できるのも魅力の1つです。