花粉症対策 商品を探す こだわりを探す マルチビタミン 結果重視のダイエット ピックアップ 本日よく見られている詳細はコチラ

 

プライバシーポリシー

________(以下,「当社」といいます。)は,本ウェブサイト上で提供するサービス(以下,「本サービス」といいます。)における,ユーザーの個人情報の取扱いについて,以下のとおりプライバシーポリシー(以下,「本ポリシー」といいます。)を定めます。

第1条(個人情報)

「個人情報」とは,個人情報保護法にいう「個人情報」を指すものとし,生存する個人に関する情報であって,当該情報に含まれる氏名,生年月日,住所,電話番号,連絡先その他の記述等により特定の個人を識別できる情報及び容貌,指紋,声紋にかかるデータ,及び健康保険証の保険者番号などの当該情報単体から特定の個人を識別できる情報(個人識別情報)を指します。

第2条(個人情報の収集方法)

当社は,ユーザーが利用登録をする際に氏名,生年月日,住所,電話番号,メールアドレス,銀行口座番号,クレジットカード番号,運転免許証番号などの個人情報をお尋ねすることがあります。また,ユーザーと提携先などとの間でなされたユーザーの個人情報を含む取引記録や決済に関する情報を,当社の提携先(情報提供元,広告主,広告配信先などを含みます。以下,「提携先」といいます。)などから収集することがあります。

第3条(個人情報を収集・利用する目的)

当社が個人情報を収集・利用する目的は,以下のとおりです。
  1. 当社サービスの提供・運営のため
  2. ユーザーからのお問い合わせに回答するため(本人確認を行うことを含む)
  3. ユーザーが利用中のサービスの新機能,更新情報,キャンペーン等及び当社が提供する他のサービスの案内のメールを送付するため
  4. メンテナンス,重要なお知らせなど必要に応じたご連絡のため
  5. 利用規約に違反したユーザーや,不正・不当な目的でサービスを利用しようとするユーザーの特定をし,ご利用をお断りするため
  6. ユーザーにご自身の登録情報の閲覧や変更,削除,ご利用状況の閲覧を行っていただくため
  7. 有料サービスにおいて,ユーザーに利用料金を請求するため
  8. 上記の利用目的に付随する目的

第4条(利用目的の変更)

  1. 当社は,利用目的が変更前と関連性を有すると合理的に認められる場合に限り,個人情報の利用目的を変更するものとします。
  2. 利用目的の変更を行った場合には,変更後の目的について,当社所定の方法により,ユーザーに通知し,または本ウェブサイト上に公表するものとします。

第5条(個人情報の第三者提供)

  1. 当社は,次に掲げる場合を除いて,あらかじめユーザーの同意を得ることなく,第三者に個人情報を提供することはありません。ただし,個人情報保護法その他の法令で認められる場合を除きます。
    1. 人の生命,身体または財産の保護のために必要がある場合であって,本人の同意を得ることが困難であるとき
    2. 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって,本人の同意を得ることが困難であるとき
    3. 国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって,本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
    4. 予め次の事項を告知あるいは公表し,かつ当社が個人情報保護委員会に届出をしたとき
      1. 利用目的に第三者への提供を含むこと
      2. 第三者に提供されるデータの項目
      3. 第三者への提供の手段または方法
      4. 本人の求めに応じて個人情報の第三者への提供を停止すること
      5. 本人の求めを受け付ける方法
  2. 前項の定めにかかわらず,次に掲げる場合には,当該情報の提供先は第三者に該当しないものとします。
    1. 当社が利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報の取扱いの全部または一部を委託する場合
    2. 合併その他の事由による事業の承継に伴って個人情報が提供される場合
    3. 個人情報を特定の者との間で共同して利用する場合であって,その旨並びに共同して利用される個人情報の項目,共同して利用する者の範囲,利用する者の利用目的および当該個人情報の管理について責任を有する者の氏名または名称について,あらかじめ本人に通知し,または本人が容易に知り得る状態に置いた場合

第6条(個人情報の開示)

  1. 当社は,本人から個人情報の開示を求められたときは,本人に対し,遅滞なくこれを開示します。ただし,開示することにより次のいずれかに該当する場合は,その全部または一部を開示しないこともあり,開示しない決定をした場合には,その旨を遅滞なく通知します。なお,個人情報の開示に際しては,1件あたり1,000円の手数料を申し受けます。
    1. 本人または第三者の生命,身体,財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
    2. 当社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
    3. その他法令に違反することとなる場合
  2. 前項の定めにかかわらず,履歴情報および特性情報などの個人情報以外の情報については,原則として開示いたしません。

第7条(個人情報の訂正および削除)

  1. ユーザーは,当社の保有する自己の個人情報が誤った情報である場合には,当社が定める手続きにより,当社に対して個人情報の訂正,追加または削除(以下,「訂正等」といいます。)を請求することができます。
  2. 当社は,ユーザーから前項の請求を受けてその請求に応じる必要があると判断した場合には,遅滞なく,当該個人情報の訂正等を行うものとします。
  3. 当社は,前項の規定に基づき訂正等を行った場合,または訂正等を行わない旨の決定をしたときは遅滞なく,これをユーザーに通知します。

第8条(個人情報の利用停止等)

  1. 当社は,本人から,個人情報が,利用目的の範囲を超えて取り扱われているという理由,または不正の手段により取得されたものであるという理由により,その利用の停止または消去(以下,「利用停止等」といいます。)を求められた場合には,遅滞なく必要な調査を行います。
  2. 前項の調査結果に基づき,その請求に応じる必要があると判断した場合には,遅滞なく,当該個人情報の利用停止等を行います。
  3. 当社は,前項の規定に基づき利用停止等を行った場合,または利用停止等を行わない旨の決定をしたときは,遅滞なく,これをユーザーに通知します。
  4. 前2項にかかわらず,利用停止等に多額の費用を有する場合その他利用停止等を行うことが困難な場合であって,ユーザーの権利利益を保護するために必要なこれに代わるべき措置をとれる場合は,この代替策を講じるものとします。

第9条(プライバシーポリシーの変更)

  1. 本ポリシーの内容は,法令その他本ポリシーに別段の定めのある事項を除いて,ユーザーに通知することなく,変更することができるものとします。
  2. 当社が別途定める場合を除いて,変更後のプライバシーポリシーは,本ウェブサイトに掲載したときから効力を生じるものとします。
 

サプリンクスの口コミとレビュー

50代 女性

 

食事だけでは不足しがちなので、ずっと飲み続けています。何度もリピート購入です。最初の頃よりは価格も上がって来たりの変動がありますが、基本的にコスパが良いの継続出来ていますが、物価上昇、円安の影響等で大幅な値上がりしないか心配です。

 

30代 男性

サイズオンがないとトレーニングが始まらない。
愛用させて頂いております。

 

50代 男性

何度も購入していますが、トラブルもなく、無事に手元に届いています。
海外(アメリカ)から発送なので、1週間ぐらいはかかりますが、
品質のよいサプリメントですので、次回も購入する予定です。

 

サプリメントとは?自分に必要な栄養素をどう選べばいい?

サプリメントは健康のためによく使われますが、サプリメントは医薬品なのでしょうか?多種多様なサプリメントから、自分に合う栄養素をどうやって選べばいいのでしょうか?
厚生労働省などの公的機関がサプリメントをどのようにとらえているかと、サプリメントの適切な選び方について紹介します

疲労の原因は、肉体的なもの・精神的なもの・病気によるものなどがあります。疲労の症状は、以下のとおりです。

サプリメントとは一体何?

サプリメントは、健康食品のひとつとされています。では、健康食品とはそもそもどんな食品を指すのでしょうか?
厚生労働省は、「健康食品は、医薬品以外で経口的に摂取される、健康の維持・増進に特別に役立つことをうたって販売されたり、そのような効果を期待して摂られている食品全般」といったとらえ方をしています。
消費者庁も「健康食品と認識されている製品の多くが錠剤・カプセル状なので、 サプリメントと健康食品は同じものと解釈されている」ととらえています。
サプリメントは、健康にいい成分や栄養素を補充する目的で使う健康食品と考えていいでしょう。

サプリメントの選び方

現在世の中にあるサプリメントは非常に多く、含んでいる成分もサプリメントによって大きく異なります。しかし、不足しがちな栄養素は、一人ひとりによって違います。自分に足りない栄養素を把握し、補うサプリメントを選ぶのが、おすすめのサプリメント活用方法です。
今は、自分の食生活を記録すると、摂取できている栄養素を概算してくれるアプリやサイトがたくさんあります。便利なツールを使って、1週間くらい自分の食生活を記録し、自分に足りない栄養素を把握しましょう。足りない栄養素をサプリメントで補うのが、適切な使い方です。

サプリメントは過剰摂取に気をつける

サプリメントは毎日飲むタブレットや錠剤であり、栄養素の成分が濃縮されています。しかし多量に飲んだり、すでに十分とれている栄養素にさらに足したりすると、過剰摂取を引き起こしがちです。
サプリメントは、たくさんとれば健康になるのではありません。また、どんな成分であっても、とり過ぎはよくありません。特定の成分の過剰摂取は、過剰症を起こし、体に悪影響が出る場合もあります。
サプリメントは、あくまで自分の食生活に足りない栄養素を補う形で使いましょう。

女性に多い悩みと飲むべきサプリメント

女性の悩みに寄り添うサプリメントは、どんな働きをするのでしょうか?
ダイエットや美容は、いつの時代も女性の悩みです。また、ハードな現代では、疲れやすさも悩みのひとつでしょう。
妊娠・出産に関わる体の変化は、女性にとっては大変な事柄です。多くの女性の悩みに広くおすすめできる栄養素で、手軽にとれるサプリメントを紹介します。

髪と肌にアミノ酸サプリメント

髪や肌を作るのはタンパク質です。タンパク質はアミノ酸がつながってできています。アミノ酸をとって髪や肌の材料をしっかり補給し、毎日触りたくなる髪と肌を目指しましょう。
筋トレとアミノ酸サプリメントを組み合わせるのは、体力をつける近道につながります。
また、アミノ酸で作られるタンパク質は、体脂肪の燃焼にも関わります。運動と組み合わせるなら、アミノ酸はダイエットにもおすすめです。

美容・エイジングケアにビタミンA・C・Eのサプリメント

ビタミンA・C・Eは、どれも抗酸化力が高いビタミンです。皮膚は紫外線を浴びると酸化して老化するので、紫外線が気になる時におすすめのビタミンです。
3つのビタミンは、皮膚の新陳代謝にかかわるビタミンでもあります。とくに、ビタミンCは肌のハリを保つコラーゲンを体内で合成する時に必要なビタミンです。3つのビタミンをきちんととって、鏡を見るのが楽しみな肌になりましょう。
ただし、ビタミンA・Eは脂溶性ビタミンであり、とりすぎても、余分にとった分はなかなか体の外に排出されません。気をつけないと過剰摂取になってしまうケースがあります。
とくに、ビタミンAは、妊娠初期に過剰摂取すると胎児に奇形の起こる可能性が高くなります。自分の食生活を把握して、足りない分を補う程度にサプリメントを活用しましょう。

貧血に鉄分のサプリメント

疲れやすさや生理前後の不調など、女性の悩みは貧血が関わっている場合も多いです。貧血は鉄分不足による鉄欠乏性貧血であることが多いので、積極的に鉄分をとりましょう。
鉄欠乏性貧血で起こる主な症状は、脱力・疲労・息切れ・顔の青白さです。無性に氷などが食べたくなる、異食症という症状が起きる場合もあります。
立ちくらみがあったり、下まぶたをめくってみて血の色が薄かったりしたら、一度、病院で貧血かどうか調べてみましょう。
鉄を含むサプリメントはたくさんあります。なかでもヘム鉄が一番吸収しやすい鉄分です。また、ヘム鉄と非ヘム鉄は、ビタミンCと一緒にとると吸収率がアップします。
水溶性ビタミンのビタミンCは、多く摂取したぶんは尿で排出されるので、多少ならとりすぎても問題ありません。鉄のサプリメントとビタミンCサプリメントを組み合わせたり、もとからビタミンCの含まれている鉄のサプリメントを選んだり…といった工夫がおすすめです。
ただし、鉄のサプリメントはコーヒーやお茶で飲むのは避けましょう。鉄分は、コーヒーやお茶のタンニンと結びついて吸収しにくくなるためです。サプリメントを飲むときは、水で飲むのがおすすめです。

妊娠を考えるなら葉酸

妊娠前から葉酸を十分とると、葉酸不足で起こる胎児の先天性異常(神経管閉鎖障害)の予防にも役立ちます。
葉酸は食事からとれる栄養素ですが、食事のみで必要量をとるのが大変な栄養素でもあります。こういう栄養素にこそ、サプリメントを活用しましょう。
また妊娠中は、鉄やカルシウムも普段より多くとるべきです。葉酸を複合したサプリメントもあります。自分の食生活と相談しつつ、自分に合ったサプリメントを選びましょう。

やみくもに選んでも効果減!量や飲み合わせに注意して

栄養補給にサプリメントを活用する場合、どんなものが効果的か、何種類飲むか、きちんと考えたことはありますか。サプリメントアドバイザーの小浦ゆきえさんは、1日の摂取量や飲み合わせについて注意してほしいと言います。

「1日の摂取量についてきちんと把握しておきましょう。ビタミン・ミネラルに関しては日本人の食事摂取基準の上限量を超えない方がよいでしょう。数日ならそれほど問題ないですが、上限を超える量を長期間(数か月)続けると、健康に被害が出る可能性があります。複数のサプリメントを利用する場合は、各栄養素の合計量が上限量を超えないよう、確認した方がいいですね。
その他の成分も、多ければよいというわけではありません。また一方で少なすぎても目的とする効果が得られません。この成分の適量はどのくらいなのかということを確認してから、製品を選ぶようにしましょう」

また、「サプリメントは食品だから安全」と考えている方が多いかもしれませんが、組み合わせによっては無駄になったり効果を強めたりすることがあるそうです。

「例えば、脂質の消化・吸収を抑えるような成分と脂溶性ビタミンを一緒に摂ると、脂溶性ビタミンの吸収率も下がってしまいます。こういう場合は、飲むタイミングをずらした方がいいですね。お薬との組み合わせでも、効きすぎたり、効きにくくなることもあるので、服薬中の方はサプリメントを利用する前に必ず薬剤師さんに確認しましょう。

基本的にはお薬もサプリメントも、『何種類までにしなければならない』ということはありません。ただ、サプリメントの多くは『目的の栄養素+添加物』で作られています。なので、むやみに種類を増やすと、添加物を摂る量も増えてしまいます。また、使い切れなかった成分を排泄するために腎臓や肝臓などに負担がかかってしまうことがある点も、覚えておいてください」

Q.サプリメントを選ぶ時、どんな点に気を付けて選べばいい?

A.目的とする栄養素の含有量が書かれていないものは避けましょう。含有量が書かれていない製品は、通販でサイズ表記がない靴を買うのと同じです。

Q.ピンからキリまであるけれど、価格は何を目安にしたらいい?

A.この製品を何か月使い続けるのか、使い続けることでどのくらいの効果が期待できそうか、ということをふまえて購入するサプリの価格を考えてみましょう。

ダイエット:3か月間
1か月で効果を求めようとすると、身体に負担がかかる成分を含んでいる可能性があるので、2~3か月くらいで効果が確認できる製品が好ましい。

美肌:最低2か月間
肌のターンオーバーのサイクルは、大人の女性で40日ほど。その期間飲み続けられるものを選ぶとよい。

爪や骨の健康:最低6か月
爪は生まれ変わるのに150〜250日ほど。骨は最低半年くらい続けて前後の骨密度を比べると改善の傾向が見られるので、6か月を目安にするとよい。

健康維持:ずーっと継続
日々の生活習慣や食習慣を改善するのと同じように「一時的に改善できたらOK」というものではなく「改善した習慣を続けていくことに意味があるので、無理せず継続できる価格のものを選ぶとよい。

このように、目的に応じて利用する期間が違ってきます。

Q.初心者はどんなサプリがおすすめ?

A.サプリを飲む目的としては、将来に備えたいケースと、解消したい特定のお悩みがあるケースが挙げられると思います。
将来に備えたいケース:必須栄養素全体をバランスよく補う『マルチビタミン・ミネラル』からスタートするのがいいですね。

解消したい特定のお悩みがあるケース:悩み事に効果が期待できる成分を書き出してみてください。その中で登場頻度が高い成分から優先的にサプリメントを1つ試してみましょう。まずは『マルチビタミン・ミネラル』+『お悩みケアサプリ1種』くらいがいいのではないでしょうか。

Q.日本人に比較的足りていない栄養素は?

A.ストレスや炭水化物・脂質過多の食事から引き起こされるビタミンB1・ビタミンB2不足、そして骨の材料であるカルシウムがどの世代でも足りていません。魚介類を食べる頻度の低い方はマグネシウムや亜鉛などのミネラル類、日光を浴びる頻度が低い方はビタミンDも不足気味ですね。加えて20~40代では野菜・果物不足・タンパク質不足、70歳以上の高齢になるとタンパク質不足の方が多い傾向があります」