osusume zisseki tukaihoudai nettosa-bisu kyasyubakku kantan kakunin yokuarukyasyyubaku riyoukanou kouziniteibotan

 

auひかり当サイト限定キャッシュバックキャンペーン特典


botan

auひかりキャンペーン適用条件まとめ

  • 当社を通して、「auひかり及び取扱プロバイダ」をお申し込みいただくこと。
  • 各サービスの利用開始から8ヵ月間の継続利用いただくこと。
  • お申し込み月を含む6ヵ月目の月末日までにauひかりを開通していただくこと。
  • 光回線の開通月から起算して、翌月末までに現金をお振込いたします。
    (例: 開通確認が1月の場合、2月末を目処にお振込み)
  • 開通月の翌月末を目処に、お振り込み致しますが、※月末が土日祝日の場合、または銀行システム上の都合により数日遅れる場合がございます。
  • キャッシュバック額につきましては、申込時のご契約内容で確定致します。
    (※申し込み後にひかり電話の追加をご希望の場合は、お手数ですが当社宛てにご連絡をお願いたします。)

auひかりの申請方法まとめ

当社担当者よりご契約のお電話をする際に、お振込口座をお聞きすることにより申請が完了いたしますので、別途申請の手続はありません。

また、アンケートや受信メール確認による手続き等も一切ありません。

※ 口座情報はSMSによる後日登録も受け付けております。


auひかりの注意事項まとめ

  • キャンペーンは対象のサービスを8ヵ月以上継続して利用していただく事が条件となります。
  • 上記期間内の解約(お引越し等による解約や引越し先エリア外継続利用不可も含む)や料金不払いによる強制解約となった場合、キャンペーンの違約金としてキャッシュバック金額を全額ご請求させていただく場合がございます。
    ※受け取り月までに退会、コース変更、移転お申し込みされた場合、キャンペーン対象外となります。
  • キャンペーンは予告無く変更となる場合がございます。
  • 現金キャッシュバック振込後に振込の連絡はしておりません。予めご了承ください
  • 月末が銀行の休業日などで、お振り込みがずれることもございます
botan

auひかりのプロバイダキャッシュバック特典

さらにプロバイダ会社でも独自にキャッシュバック など様々なキャンペーンを行っています。もちろんこちらも当社からのお申し込みキャンペーン適用になりますので、ぜひご検討ください。
※タイプや対象プランによってもキャンペーン内容が異なります。プロバイダキャッシュバック 特典の詳細は各プロバイダへご確認ください。


botan

auひかりキャッシュバックの適用条件まとめ

  • 当社を通して、「auひかり及び指定プロバイダのSo-net」をお申し込み頂いたお客様で、auひかり受付から12ヵ月後の月末までに開通及びお支払い方法の登録が完了し、開通月+4ヵ月後の15日~45日間以内にキャッシュバック受取専用Webページにて手続を完了した方が対象となります。
  • 期間内にお手続きされない場合、無効となりますのでご注意下さい。
  • 受取手続が可能になりましたら、お客様のSo-netメールアドレス宛にもご案内のメールが送付されます。

auひかりキャッシュバックの注意事項まとめ

  • お一人様1回限り(同一設置場所において)の適用です。
  • 決済情報未確定による自動退会者は対象外です。
  • 抽出月までに移転お申し込みをされた場合、キャンペーン対象外です。
  • キャッシュバックは「ソネット de 受取サービス」にてお受け取りいただきます。「ソネット de 受取サービス」とは、ソニーネットワークコミュニケーションズ(株)からの送金をお客さまご指定の口座でお受け取りいただける、So-net会員専用のサービスです。「ソネット de 受取サービス」以外の方法ではお受け取りいただけません(現金書留や郵便為替などでのお受け取りはできません)。一部の金融機関への振込は行えません。あらかじめご了承ください。

auスマートバリューまたは自宅セット割適用で10,000円増額

  • 回線開通月月末時点でauスマートバリューまたは自宅セット割が適用中の場合が対象となります。お手続き中、キャンセル、退会等の場合、本キャンペーンは適用されません。
botan

auひかりとは?マンションでも使えるのか対象エリアも調査

 

auひかりは、KDDIが提供している光回線のサービスです。

auひかりは、プロバイダ料金込みの料金設定となっているため、追加の料金は基本的にかかりません。

また、独自回線を使っているためNTTのフレッツ光よりも速度が出やすく、NURO光が登場するまでは実測速度がトップでした。

乗り換えの際の違約金を負担してもらえたり、auスマホとセット割で永続的に割引が効いたりなど、多くの特典も評価されています。
運営会社 KDDI株式会社
サービス開始年 2003年10月
データ容量 無制限
通信速度 10Gbps/1Gbps
初期費用 3,300円
工事費用 41,250円(割引で実質無料)
プラン auひかり10ギガ・5ギガ
auひかり1ギガ
縛り 3年/2年/縛りなし
エリア 37都道県(関西を除く)
auひかりサービス提供エリア
支払い方法 クレジットカード払い・口座振替・コンビニ払い(請求書払い)
スクロールできます
auひかりは、KDDI株式会社のサービスで、2003年にKDDI光プラスという名称で開始しました。

光回線の業界の中でもかなり昔からサービスを提供しているため、突然サービスが終了する可能性などは極めて低く、信頼は大きいです。

近畿や沖縄など一部の地域以外の全国で対応しており、近畿地方在住の方は「eo光」がau系列の光回線となっています。

auひかりが使用できる地域であれば是非とも一考の余地があるインターネット回線ということができるでしょう。

ほとんどの地域では1Gbpsのプランのみを提供しており、10Gbpsのプランが使用できるのは現在都内近郊の一部となっています。

戸建てプランと集合住宅・マンション向けの2種類のプランが用意されていて、それぞれ月額も工事費も変わってきます。

後述で詳しく解説しますが、マンションでも集合住宅向けのサービスが提供されていない場合もあり、その場合は戸建て回線を個別に引くことになります。

auひかりはマンションでも利用可能

auひかりはマンションでも利用が可能です。

しかし、マンションの大家さんに光回線の工事をしても良いか相談しましょう。

マンションは、同じ回線を複数人で利用することが多いため、勝手に工事することはできません。

もしauひかり以外の光回線がすでに用意されていて、そちらのコスパが良いなら無理に工事をする必要はないでしょう。

しかしながら、その他のインターネット回線が集合住宅向けのプランで各部屋共通の光回線を使用するVDSLなどの形式の場合、混雑時は接続や速度が不安定になる場合も。そういった場合はauひかりを新たに引くということも選択肢に挙がります。

また、工事する際に壁に穴を空ける内容になることは100例中1例あるかないか程度です。もし大家さんに難色を示されてしまった場合、そのあたりを説明しつつ、工事内容の確認をすることをおすすめします。

auひかりの対象エリア

auひかりの対象エリアは、近畿地方などを除く全国37都道県です。

対象エリア外では「eo光」や「auひかり ちゅら」など別のau系列プロバイダを利用しましょう。

対象エリア外の府県は以下の通りです。

auの提供エリアですが、ここ数年一切拡大しておらず、10Gbpsのエリアはまだしも、1Gbpsのエリアが広がる可能性は低いといえます。

ご自身がお住まいのエリアでauひかりが使用できるかどうかは提供エリア検索を利用して確認しましょう。
京都府・大阪府・兵庫県・滋賀県・奈良県・和歌山県・福井県・愛知県・岐阜県・三重県・静岡県・沖縄県
最大100,000円キャッシュバック実施中のauひかりの詳細を見る

auひかりの料金プラン

 

auひかりの料金プランを紹介します。

auひかりには複数のプランが用意されています。

通信速度には3種類あり、その全てで契約期間ごとに値段が異なります。
プラン auひかり ホーム 10ギガ auひかり ホーム 5ギガ auひかり ホーム 1ギガ
月額費用(3年契約) 7,018円(税込) 6,160円(税込) 6,160円(税込)
月額費用(2年契約) 7,678円(税込) 6,820円(税込) 6,270円(税込)
月額費用(縛りなし) 8,888円(税込) 8,030円(税込) 7,480円(税込)
初期費用 3,300円(税込) 3,300円(税込) 3,300円(税込)
工事費用 41,250円(税込)
※割引で実質無料
41,250円(税込)
※割引で実質無料
41,250円(税込)
※割引で実質無料
通信速度 最大10Gbps 最大5Gbps 最大1Gbps
解約金 3年契約:4,730円(税込)
2年契約:4,460円(税込)
3年契約:4,730円(税込)
2年契約:4,460円(税込)
3年契約:4,730円(税込)
2年契約:4,460円(税込)
スクロールできます
auひかりの料金プランを比較すると、10ギガプランは高くなり他の2つのプランは同じ価格であることがわかります。

5ギガプランと1ギガプランの違いは、通信速度だけですが5ギガプランは対応エリアが限られているだけでなく、最低利用期間が設定されている点や撤去費用がさらに多く発生するなど欠点が多いです。

なるべく速い回線を契約したいと考えている方以外は、通常の1ギガプランで良いでしょう。

また、2022/7より、契約解除料が大幅減額されました。これに伴い、他のプランや他社サービスに移行しやすくなったといえます。

しかし、期間内に光回線を解約してしまった場合は改定前と同じく工事費用の残債を一括で支払わなければならないため、思いがけない金額を払わなければいけなくなる場合も。

解約したい場合は、今契約解除を行うといくら料金が発生するのかというのをカスタマーセンターに問い合わせておいたほうが良いでしょう